涙ボクロの訳を君は話さない

さあ、「格闘家」に関して考えてみたいんだ。そんなに敬遠するような事って無いと思うんだよ、「芸術家」のことって。
マカロン
ナポレオン
HOME

よく晴れた金曜の夕方はゆっくりと

今季は、海に入りに行っていないが、楽しみにとっても行きたい。
今、娘が2歳なので、泳がせないでちょっと遊ぶ程度だけれども、しかし、たぶん喜んでくれるだろう。
ですが、娘は、オムツをつけているので、遊んでいる人の事を考えたら海水に入れないのがいいかもしれない。
オムツのプール用もあるが、嫌な人もいて問題に発展しているらしいので。

暑い休日の午前は昔を思い出す
各都道府県には、数多くの祭事が存在するみたいだ。
生で見たことはないが、じゅうぶん知っている祭事は、秩父夜祭で、別名、冬祭りがある。
絢爛豪華な彫刻をした、笠鉾が2基と屋台が4基。
お祭り会館を見た際に、画像や実物大のそれらを見た。
寒い冬に開かれるので、冬祭りという別名でも呼ぶようだ。
リアルタイムで見てみたい祭事の一つなのである。
もうすぐあるのは、福岡市のほうじょうえがよく知られ、命ある者の殺生を制限するお祭り。
江戸の頃は、この祭りの期間、漁業も禁止されたとの事。
伝統的な祭りも重要だが、私はリンゴ飴の屋台も同じく大好きだったりする。

雲の無い土曜の夕方にシャワーを

このところは、釣りにおもむいていない。
休みも仕事でものすごく多忙で出かけられないというのもあるが、しかし、とても暑いので、行きにくいのもある。
加えて、帰り道に釣り場を観察していても魚をかけている気配が全くないから、必ず行きたいとは残念ながら思えない。
すごく回遊魚が釣れていたらそわそわして行きたくなる。

ひんやりした水曜の日没にお酒を
このごろ、小説を精読することはわずかになったが、過去に水滸伝の北方謙三版に熱中していた。
別な作者が書いた水滸伝を見た時は、かったるくて、没頭することはなかったが、北方版水滸伝を読んだときは、夢中になり、読み進めるのが止まらなかった。
会社の仕事の昼休みや家に帰ってからの食事中、入浴中でも読破して、1日一冊ずつ読破していた。
キャラクターが人間くさく、男気熱い登場人物が非常にたくさんで、そこにわれを忘れるほどはまっていた。

雹が降った平日の午後に立ちっぱなしで

大好きな音楽家はたくさんいるけれど、近頃は外国の音楽ばかり聞いていた。
一方、邦楽のアーティストの中から、大好きなのがチャラだ。
charaは多数の楽曲を世に送り出している。
代表作なのは、やさしい気持ち、いや、罪深く愛してよなんか。
この国たくさんのアーティストがいるが彼女は彼女は負けない個性がピカピカと見られる。
日本国内には、世界各国で仕事をするミュージシャンも多いが、チャラも人気が出るような予感がある。
あたしなんで抱きしめたいんだろう?あたしを無人島に持って行って
こう言ったフレーズが思いつくことに驚く。
多くの作品の曲作りも行っていて私の意見としては想像力が豊かでカリスマ的な才能があると思う。
judy&maryのユキとコラボしてトップ10入りした、「愛の火、3つ、オレンジ」も、最高。
可愛かったから。
誰もが一度くらい、思う、思われたい感覚の事柄を、上手に一言で表現している。
キャッチフレーズのコンテストなんかに入賞されそうだ。

喜んで泳ぐ先生と冷たい肉まん
職場で話すようになった女性がいる。
今までに出会ったことのないような方で、彼女の話はいつも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
ベビーシッターの免許、潜水士の資格、通関士。
トイック800点、総合旅行業務取扱主任者、元スッチー。
公認会計士までパスしていると言っていたような・・・。
さすがに公認会計士の件を母に話してみたところ、あなたの聞き間違いだと思う、と言われたけれど。
彼女は、かなり年上の専務と職場結婚で寿退社していった。

よく晴れた平日の午後はシャワーを

少年はとてもひもじかった。
もうじき夏休みという時期、小学校から歩いて下校しているときだった。
セミがもううるさく鳴いていて、陽の光は強く、夕方でもまだまだ陽は沈みそうになかった。
少年は汗を流しながら一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するのがほとんどだけど、今日はものすごくお腹が空いていたので、早いとこ帰って何か美味しいものを食べたかった。
少年が食べたいのは、昨晩のカレーの残り。
昨日のカレーは、まだ鍋にいくらか残っていた気がする。
ご飯だってたぶん、冷や飯が冷蔵庫にあったはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、足早に家を目指した。
すると、汗が一段と流れてきた。

寒い木曜の昼に窓から
オフィスで働いていたころ、仕事を退職するチャンスがこなかった。
そこまで辞職したかった訳ではないから。
続ける気持ちがないのかもしれない。
考えるのが面倒で、ある日、ハッキリ今月で辞めると目を見ていった。
こんな日に限って、普段少し厳しいと感じていたKさんが、声をかけてきた。
話している中で、ほとんど気持ちを知らないKさんが「この業種、大変だよね。だけどあなたはもうちょい頑張れるよ。」という話をしてきた。
なんだか胸が苦しくなった。
そして、会社の帰りに、教育係に辞めることを無かったことにしてもらった。

雨が上がった休日の午前は熱燗を

そんなには、ドラマは見ないが、近頃、それでも、生きていくを録画してから見ている。
殺人犯側の家族と殺された小さな子の家族が出会ってといった話の流れで、常識的にいってありえない流れだ。
殺された側の親兄弟と加害者側の親兄弟のどちらも悲しいストーリーが出されている。
内容の内容はめっちゃ暗いと思うけれど、その分、映像の色づかいはきれいな雰囲気にされている。
花や自然の映像がものすごく多くて、牧歌的できれいな映像がすごく多く使われている。
今後、流れがどうなっていくのか想像がつかないけれど、少しでも救いがある内容になっていたらいいなと思う。

どんよりした土曜の夜に料理を
仕事のために何着か少しだけスーツ用のワイシャツを持っているけれど、絶対購入するときにたくさん試しに着てみる。
それだけ、ワイシャツにこだわってしまうのも珍しいと感じていた。
そんな時に、先日、ワイシャツはオーダーでと言っていた方がいらっしゃったので、非常にびっくりした。
けれど、Yシャツひとつでカッコよく見えるし、悪くないかも、と感じた。

道

Copyright (C) 2015 涙ボクロの訳を君は話さない All Rights Reserved.