涙ボクロの訳を君は話さない

「りんごジュース」のことを特別に思っている人って、いっぱいいるんだろう。幼い頃の体験や思い込みみたいなのが、「美容師」と頭の中でくっついちゃうことって、確かにありうる話だよね。
マカロン
ナポレオン
HOME

夢中で走る彼女と俺

知佳子はAさんの事が大好きだと感じられる。
Aさんも知佳子の事を大事にしている。
Aさんが出張が決まると、知佳子も連れて行くし、この前は私も一日目だけ同伴させてもらった。
知佳子もAさんも私を同じニックネームで呼びかけるし、どこのお店に入ろうか、とか、とりあえず、私に質問してくれる。
どうしたものか気にかけてくれている感じがしてかなり空気が良いと思った。

暑い休日の午前はカクテルを
カメラ自体、マジで夢中になってしまうけれど、それを抜きにしても突出していると言えるくらい愛しているのがトイカメラだ。
4000円持っていれば取り組みやすい物がすぐ持てるし、SDカードがあればパソコンですぐに見れる。
リアリティーや、その瞬間をシャッターに収めたいなら、ピント調節ができるカメラが向いていると、思う。
けれど、流れているおもむきや季節の感覚を収める時には、トイカメラには他のどれにも歯が立たないと感じる。

ノリノリで口笛を吹く兄さんと飛行機雲

明日香は、大学で一番に仲良しになった仲間だ。
彼女の素敵なところは、たいていの事は見逃すし、小さなことは、気にもしていないところ。
私が友達になってと言ってきたようだが、たしかに、そんな気がする。
遊びに行くと、全てがシンプルになるので、とっても心が軽くなる。
細身でスレンダーなのに深夜にハンバーグを食べに行ったりするという。

よく晴れた平日の夜は熱燗を
晩酌に、アサヒビールを一人で飲むのが楽しみになっているけれど、最近はビールの後にワインも飲んでいる。
もちろん、次の日に接客の仕事をしないときに限るけれど。
実家を出ていた時に、アパートの近くで酒屋を発見して、父の日も近かったので買ってみた。
私はかなり見栄っ張りなので「1万円くらいのワインを探しています」などと話して。
実家に贈った、そのワインが一万円することを耐え切れずに伝えると、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
他には何もいう事は、なさそうだった。
それから、そんなにワインの値段にはこだわらなくなった。
あー幸せだと感じる時間の友だったら、お金や質にはこだわらない。

雨が上がった大安の昼は歩いてみる

買った生地で、幼稚園に通い始める自分の子供のきんちゃく袋を作らなくてはならない。
というか妻が裁縫するんだけど、俺もしたくないわけではないので、時間がかかるようだったらかわろうと思う。
運ぶものを入れる袋が幼稚園に行くために必要らしい。
ミシンもついに到着した。
使った感じも感じてみようと考えている。

天気の良い火曜の日没にひっそりと
鹿児島に居住してみて、墓所にいつも毎日、献花をなさっている主婦が多いことに目を丸くした。
少しお歳の主婦の方は、日々、墓前に生花をしていないと、隣近所の女性の目が心配らしい。
毎日、草花をやっているから、月々の切り花代もすごくばかにならないらしい。
連日、周りのお歳をめしたの奥さんは霊前に集まって弔花をあげながら、語らいもしていて、霊前の暗い雰囲気はなく、まるで、人がひしめく公園みたいに陽気な空気だ。

天気の良い仏滅の日没に窓から

今更ながら、ニンテンドーDSに熱中している。
最初は、TOEIC対策にもっと英語漬けや英語のソフトを買っていたのみであった。
だけど、ヤマダ電機でソフトを選んでいたら他の物に気になってしまい、無駄に買ってしまう。
絵心講座や、マリオパーティー、育成ゲームなど多数。
変わり種で、旅の指さし会話帳もヒットしている。
これは、待ち合わせなどの、暇な空き時間には有効活用できそうだ。

熱中して口笛を吹くあいつと読みかけの本
今日は少年は、小学校の給食係だった。
マスクと帽子を着け、白い割烹着を着て、他の給食当番たちと、本日の給食を給食室に取りにいった。
今日の主食は、お米ではなくパンだった。
バケツみたいに大きなフタつきの鍋に入ったスープなんかも。
少年は、一番重たい牛乳は、男の子が持たないといけない、と考えていた。
クラス皆の分だから38本ある。
だから自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったのだけど、同じ給食当番のフーコちゃんが一緒に持ってくれた。
牛乳は重いので女の子に持たせたくはなかったけれど、同じクラスで前から気になっているフーコちゃんと教室まで一緒に歩ける、と思った少年は、ちょっとドキドキしながら、何も言わずに2人一緒に牛乳を運ぶ事にした。

そよ風の吹く水曜の夜明けにビールを

夏はビールがめっちゃうまいけれど、最近そんなに飲まなくなった。
新入社員の頃は、どんな量でも飲めたのに、年とともに次の日の朝に残るようになってそんなには飲まなくなった。
ビアガーデンにも社会人になった当時は非常にあこがれ、行くことがとっても楽しみだったけれど、会社のつきあいでうんざりするほど行って、俺のイメージの中では、今では、いいイメージがない。
しかし、取引会社との付き合いの関わりでたいそう久々にビアガーデンに行った。
すごく久々にうまかったのだけれども、調子にのってたいそう飲みすぎて、やっぱり、翌朝に残ってしまった。
次からは、飲みすぎないようにしようと思うけれど、飲み出したら、なかなかとまらない。

自信を持って走る先生と季節はずれの雪
実行させたら、完結させるのに時間がかかるものは、世の中に多くみられる。
すぐにあげられるのが、外国語だと思う。
と言いつつ、韓国語だけは例外で、日本語と同じく、SVOで、その上に発音がそっくりなので、習得がわりと容易だそうだ。
しばらく韓国語を学んだ友人によると、今からのスタートでも早く学びやすいのでお勧めとの事。
なんとなく憧れたけれどやっぱりハングル文字は暗号にしか思えない。

道

Copyright (C) 2015 涙ボクロの訳を君は話さない All Rights Reserved.